2018年9月6日木曜日

平成30年度 第3回常任幹事会 9月7日(金) [終了]

平成30年度 兵私理研 第3回常任幹事会 [終了]

1.    日 時   平成30年9月7日() 15:00~17:00
        ※13:55~14:40 授業見学「ボルボックスの観察」(予定)
                     ボルボックスは見学後にお持ち帰りできます。
2.    場 所   滝川中高等学校 理科棟2F「化学実験室」(予定)
                ※授業見学は理科棟3F「生物実験室」
        神戸市須磨区宝田町211
        ℡ 078-732-1625
   3.    議 題 ① 平成30年度 夏季研修報告
および決算報告について
② 平成30年度 秋季研修会について
③ その他

2018年8月30日木曜日

交流シリーズ第㉗弾 天体画像を使った天文教育指導者ワークショップ ~マカリ入門講座~

昨年12月21日に定員16名で開かれた「マカリ入門講座」(交流シリーズ第13弾で紹介)が、このたび定員30名で開かれます。前回参加がかなわなかった皆さんはぜひご参加ください。

交流シリーズ第㉗弾

天体画像を使った天文教育指導者ワークショップ ~マカリ入門講座~


日程:2018年9月23日(日) 10:00-16:30 (受付:9:30-10:00)
場所:サンライフ明石(明石市中高年齢労働者福祉センター)2F研修室
   参加費(入館料)無料
対象:天文教育関係者(学校教員,科学館,博物館,天文台,
   プラネタリウム職員),その他天文教育に熱意と関心のある方
定員:30名(先着順)
趣旨:
 天体のデジタル撮影/観測の普及とともに,誰もが容易に高感度で高精細の画像を得られるようになってきています.そのような画像
は,天体の美しさを感じさせてくれるだけでなく,天体のさまざまな情報がその中には含まれており,さらに深い宇宙の魅力を感じさ
せてくれるものであることは残念ながらあまり知られていないのが実状です.
 マカリは国立天文台を中心に開発された天文教育普及用の無償ソフトで,画像に写っている天体の大きさや位置,明るさなどを測定
することができます.多くの学校やその他の教育の場などで用いられており,たくさんの生徒たちがそれを用いて研究発表を行ってい
ます.
 今回のワークショップ(講習会)では,マカリおよび私たちPAOFITSWGが開発した画像教材について体験実習を行うとともに,今後の天体
画像教材の開発,活用にむけて議論を行っていきたいと考えています.

主催 :PAOFITS ワーキンググループ http://paofits.nao.ac.jp/
    明石市立天文科学館     http://www.am12.jp/
世話人:洞口俊博(国立科学博物館)   井上 毅(明石市立天文科学館)
    五島正光(巣鴨中学高校)    原 正 (埼玉県立豊岡高校)

2018年8月11日土曜日

交流シリーズ第㉖弾 金星・木星・上弦の月・土星・火星の観望会8/18(土)[終了]

交流シリーズ第㉖弾 金星・木星・上弦の月・土星・火星の観望会 8/18(土) [終了]

神戸天文同好会・NPO法人東亜天文学会神戸支部主催「ビアガーデンで星を見る会」
新長田・鉄人広場の「鉄人ビアガーデン2018」会場に望遠鏡(複数台)を持ち込み、一般のお客さんに惑星や月のクレーターなどを見てもらい、天文学の普及活動をします。
当日夕刻は南天に上弦の月が輝き、クレーターがとても見易く、また宵の明星金星から大接近中の火星まで4つも明るい惑星が見えています。
日時:2018年8月18日19:00~21:00 
場所:新長田鉄人広場


2018年7月21日土曜日

交流シリーズ第㉕弾 京大防災研(宇治市)研究集会 [終了]

交流シリーズ第㉕弾 京大防災研(宇治市)研究集会

『地学教育の展望-来たるべき南海トラフ地震に備えて-』[終了]

2018年8月25日(土)~26日(日)



「地震リスク」に関するワークショップの報告からシナリオの一つ

場所:京都大学宇治キャンパス 防災研究所連携研究棟3階大セミナー室
10:0012:00 セッション1:大学・大学院の地学・防災教育
13:1017:20 セッション2:地学・防災教育のアウトリーチ
826日(日)10:0014:40  セッション3:高校及び小中学校の地学防災教育
14:4015:20  総合討論 パネリスト:橋本学・前田晴良・畠山正恒、司会:竹本修三
閉会挨拶:前田晴良(九大総合博物館)

2018年6月25日月曜日

平成30年度夏季研修会 8月2日~4日 [終了]



平成30年度夏季研修会 [終了]
1.     研修日     平成30年8月2日(木)~8月4日(土)
2.     参加人数     11名
3.     研修場所     鹿児島県(鹿児島市、指宿市)方面
1日目  いおワールド鹿児島水族館(サツマハオリムシの解剖など)

水族館のバックヤードを見学

創作カードゲームで生態系の学習

チューブワーム(サツマハオリムシ)の解剖



2日目  ①鹿児島大学水産学部調査船乗船南西丸(海底・水質環境調査体験、赤潮プランクトンの顕微鏡観察など)



海底の泥を採集

操舵体験



②桜島(桜島ビジターセンター、湯乃平展望所、有村溶岩展望所、黒神埋没鳥居など見学 案内:鹿児島県立博物館主任学芸員)
黒岩埋没鳥居

ちょうど爆発的噴火が発生 噴煙が上がりました
①のコースまたは②のコースを選択



赤石鉱山(露天掘り金鉱山見学、金鉱石と硫黄結晶採集)
日本でも珍しい露天掘りの金鉱山です

薩南型金鉱床には硫黄のきれいな結晶も含まれています

金鉱石をお土産にもらいました


3日目  山川地熱発電所展示室(見学)


川尻海岸(カンラン石、オリビンサンド採集)

開聞岳を望む川尻海岸でカンラン石を捜します

鹿児島市内研修(反射炉跡・旧鹿児島紡績所技師館・尚古集成館・寺山炭窯跡・薩摩ガラス工芸・平川動物公園・恐竜王国など見学)
鹿児島県立博物館宝山館プラネタリウム
鹿児島市平川動物公園



2018年6月18日月曜日

交流シリーズ第㉔弾 SSH六甲アイランド高校English Island 2018 [終了]

SSH指定神戸市立六甲アイランド高校
 English Island 2018 / Summer -Gold Rush-  [終了]

English Islandは、平成28年度より、毎年2回、本校生徒1・2年次を中心に神戸市内に勤務するALT(Assistant Language Teachers)と共に、1日を英語のみで過ごし、英語で科学を体験する恒例行事になっています。参加生徒は約50名、ALTは20名程です。
今回のテーマは「Gold Rush」とし、自然界で砂金のできる仕組みや砂金の採取方法を学び、実際に砂金を採取する体験を企画しています。今回のEnglish Islandは、本校生徒のみならず、県下のSSH校を中心に、科学と英語に興味のある生徒の皆さんに参加していただく企画となっています。
特別講師に、灘中学校・高等学校の野村敏郎先生をお招きして、砂金採取についての講義をしていただき、先生のご指導のもと、実際に砂金採取の体験を実施いたしました。
平成30年8月1日(水) 午前9時30分 ~ 午後3時30分

神戸市立六甲アイランド高等学校 理科実験室①~④ (1号館4階)及び中庭、食堂
〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中4-4




2018年5月30日水曜日

交流シリーズ第㉓弾 気象予報士講演会授業見学

気象予報士講演会[終了]
      
日時:平成30年7月24日(火)2.3限
講演:2時間目 9時35分~ 5、60分程度
場所:滝川中高等学校本館5階講堂
対象:中学2.3年生310名・理科教員
演題:気象予報士のお仕事(天気予報ができるまで)
講師:垂水千佳様(NHKウイークエンド関西気象キャスター)